規模は小さいものの、注文住宅を建てるならば広島市の工務店が一押し

HOME>トピックス>品質の高さはもちろんアフターケアも充実させている

目次

メーカーの下請けもこなす

マンション工事

広島市の工務店は、注文者から直接依頼を受けて、1戸ごと個別に建築工事を行う不動産事業者です。しかし、合理的な住宅建築を大量に扱う住宅メーカーに依頼した場合でも、メーカーが現場技術者を雇っている場合はなく、実際に現場でマイホームを建てているのは下請けや孫請けの工務店です。住宅メーカーは広い地域を対象にする特徴から、広告や宣伝に資金をかけますから、建築費も必要になりますがブランド価値もつきます。しかし、広島市という地域に密着した人間関係が最大のウリの工務店は、ノウハウを蓄積してもおり、建築費を抑えたい注文者には得といえます。

規格外の注文に対応できる

ほとんどの場合、広島市にもモデルハウスの展示場があって、そこで実物を見ることができます。広島市でモデルハウスを建築できるということは、商品がある程度画一化されていることを意味しています。規格化されている分、工期も短縮できて、品質も安定しているために完成を急ぎたい注文者には利得です。しかし工務店は、規格そのものがないので、注文者の依頼に応じやすいというメリットがあります。完成後のアフターケアが得やすい、もしも価格が同じ程度であれば、工務店のほうが住宅メーカーと比較しても品質に差は生じませんし、高いことも多いようです。

広告募集中